ブログ

野田恵子 野田恵子
こんにちは、つがるの食彩 野田 の、野田恵子です。津軽の味を皆様に提供していきたいと思っております。よろしくお願い致します。

インターネット

最近インターネットを見ての予約が増えています。
ネットを見るとどんなお料理もお菓子も自分で作れそうな気がします。実際は難しいものもありますがイメージしやすいです。また裏技などお客様の方がよく知っています。
先日ネットでそば粉を使ったお菓子作りを見ていたらイメージがドンドンふくらみ私にでもできそうな気分になりました。
体力と時間がある時挑戦してみようと思います。

老舗

老舗と言われているお店がドンドン姿を消して行く時代になりましたが絶対残しておきたい老舗あなたの街には有りますか?黒石にはあります。梅菓子です。白あんを紫蘇の葉で包んだ和菓子ですが紫蘇の葉は薄く柔らかい。あんは塩味と甘味のバランスがよく上品さを感じさせる口当たりです。包装からは老舗の格式をかんじます。家庭用はキョウギに入れてくれます。
全工程一つ一つにこだわりを感じる梅菓子を一度は食べみて下さい。
今は亡き先々代の社長知ってますがここまで来るのに研究研究で紫蘇の葉作りにも長い時間を費やしたそうです。黒石の梅菓子は世界一おいしい梅菓子だと思っています。

南部町鍋まつり

明日南部町鍋まつりに出店します。お天気は良さそうです。県内全域から集まる一代イベントの成功と安全を祈ってます。

名前の由来

子供に名前を付ける時、親は子供の幸せを願って素晴らしい名前を考えて付けていると思います。その一つを紹介します。優美さん。優美さんのご両親は最初優しく美しい女性に育って欲しいと考えましたがいやいや由実こっちかいいなあ。理由はもじの成り立ちにあったようです。由実の由は田んぼの稲が伸びて成長する様子を表している事を知り実りある人生の方が幸せと考えたそうです。現在由実さんは優しい美しい女性に成長していますが実りある人生の目標を見つけ頑張っています。嬉しいお話しより

津軽の笑い話漬け物

お客様から大根頂きました。
葉っぱには沢山の栄養素が含まれていると言われています。そこで大根葉は佃煮にし大根そのものは何種類かのお新香を作りました。大根のお新香は種類が豊富にあります。酢漬け、ビール漬け、私の大好きなにしん漬け、こぬか漬、そしてガグラ漬け、今の時期新鮮な大根で米こうじを使ってつくるガグラ漬けはダイナミックな切り方なので食べる時ガグラっと食いつくように食べます。これは津軽弁から付けられたら名かもしれません?
漬け物は主婦の腕を競うイベントのようなものです。そこで男性の皆様へ、隣のかっちゃの漬け物は誉めるなと言うことば聞いた事あると思います。自分のかっちゃの漬け物をほめるんですよ。
津軽の笑い話より

ランチ

野菜天ざるそば
女性の方に人気です。
只今ランチコーヒーサービス中

りんご

食後のデザートにりんごを勝って来ました。シナノゴールド、星の金貨の二種類です。
先日は群馬名月、と新品種、紅…なんとか?どちらもおいしかったです。これから一番人気フジが登場します。

観光バス

7日、9日、昼、外国からの観光ツアー団体客が入っています。

ラフランス

ラフランス、いい名前ですね。このあたりでは洋ナシを様々な名前で呼んでいますがラフランスとは、全く正反対の名前が付いています。あまりにもひどい名前なのでここでは紹介できません。
所で洋ナシは食べ頃の賞味期限あっと言う間です。賞味期限切れた洋ナシはまずくて食べられません。そんなナシを一個テーブルの上に置いておきました。決して腐っている訳ではありません。そのナシを見て主人が冷凍庫へ、数日後解凍してスプーンで食べたところなんと甘いシャーベットアイス、実が柔らかいのでトロトロシャリシャリのアイスです。

刺身こんにゃくできました。休憩タイム中野のもみじみて きました。見頃です。駐車場満車になる程混雑してます。